関西ぐるめらいんは、関西一円の飲食店・居酒屋をご紹介するグルメポータルサイトです。

掲載店舗数: 503

コンシェルジュ検索を行います。
今の気分に合わせてお返事をクリックしてください。

青いナポリ インザパーク

アオイナポリ インザパーク

大阪府 天王寺・阿倍野・新世界

イタリアン

06-6773-2225

大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5-55 てんしば

天王寺駅

#天王寺#てんしば#イタリアン#アオナポ

【天王寺】雰囲気抜群のトラットリア『青いナポリ イン ザ パーク』

【天王寺】ロマンティックな雰囲気でいただくイタリアン

天王寺駅から徒歩約3分で到着

JR天王寺駅の北西にある、天王寺公園のエントランスエリア「てんしば」。
多目的に利用できる芝生公園や多彩な飲食店が続々とオープンし、昼も夜もゆっくりとくつろぐ人で賑わいます。
「青いナポリ イン ザ パーク」は、そんなてんしばに、2015年にオープンしたピッツェリア・トラットリア。
芝生広場に面した2F建てお店は、開放感たっぷりです。

ワイワイ盛り上がれる!魅力的な店内をご紹介

ライブ感が楽しめる1F

青いナポリ イン ザ パークには1F・2Fともにたくさんの席数が設けられ、みんなでワイワイ盛り上がれる雰囲気。
1Fは透明のビニールで外と中とが区切られ、てんしばならではの風景を楽しみながら食事できます。

吹き抜けの心地よさがたまらない2F


一方2Fは広々としながらも比較的落ち着いた雰囲気。
団体の予約にも対応しており、歓送迎会や忘年会・新年会などの利用にもぴったりです。
ところどころに飾られたアートもおしゃれ!

オープンエア席


また、1F・2Fともにオープンエア席を設け、自然を感じながら食事を楽しむことも。太陽や月の下でご飯を食べるひと時、なんとも贅沢です。

職人が焼き上げるナポリ風ピッツァ

イタリア・ナポリ製の薪窯が備えられ、ピッツァ職人が焼き上げる本格ナポリピッツァが味わえるのも青いナポリ イン ザ パークの特徴。生地に使う小麦は、イタリア・カプート社のものと国産のものをブレンド。国産小麦を加えることで、甘味と風味をプラスします。

マルゲリータ 1,180円(税抜)


いちばん人気は定番の「マルゲリータ」。
トマトソースにモッツァレラとバジルをトッピングしたシンプルテイストで、
素材そのものの味わいがぐっと引き出されます。
クリーミーなチーズとサクッと軽い口当たりの生地とのバランスも抜群で、クセになるおいしさ。

ディナーメニューも絶品ぞろい

アオナポ魚介プレート 1,480円(税抜)


魚介を吟味しワンプレートに仕立てた「アオナポ魚介プレート」は、前菜にぜひ食べていただきたい逸品。
単にボイルした魚介とサラダをドレッシングで和えているのではなく、魚介それぞれに味付けしているのが特徴です。

例えばブリは燻製にしてスモーキーな風味をプラス、タコはマリネ、エビはボイルしてバジルソースをかけ、
ムール貝はレモンドレッシングで和え、ジャガイモはコンフィに。
どこを食べても異なる味わいが楽しめ、何度でもフォークがすすむおいしさです!(ブリは季節によって変わる可能性あり)

三種肉盛り 3,000円(税抜)


シェフの地元・和歌山から取り寄せた紀州備長炭を使う炭焼きも、青いナポリ イン ザ パークのスペシャリテ。
「三種肉盛り」には、三田和牛のサーロインと、群馬産優味豚の肩ロース、
和歌山産みかんどりのモモ肉をジューシーに炭焼きにし、厚めに切り分けています。

それぞれ焼け具合が違うため、「一度焼き始めたら離れられないんです」と吉本シェフ。
その言葉通り、いずれのお肉も絶妙な焼き具合で、噛んだ瞬間にジューシーな肉汁がじゅわりと溢れます。
和牛はフランスの塩でシンプルに、豚肩ロースはマスタードで爽やかな酸味を味わい、
鶏モモ肉は和歌山産のぶどう山椒でほんのり辛味をプラスするのがおすすめ。

雰囲気抜群の店内でこだわりの味を堪能

お料理も雰囲気も満足度の高い青いナポリ イン ザ パーク。
美しい公園を見ながら健やかに食事ができるのもうれしいものです。
ディナーはもちろんランチも賑わい、パスタとスープ、パンがセットになった「パスタランチ 950円(税抜)」や、
ピッツァとスープがセットになった「ピッツァマルゲリータランチ 950円(税抜)」が人気。
おいしい食事と緑たっぷりの景色を楽しみつつ、すてきな店内でゆっくりくつろいでみてはいかがでしょう。

WEBサイトはこちら→ 青いナポリ in the park

▼取材後記
てんしばでひと際スタイリッシュな青いナポリ イン ザ パークさん。
どこを撮ってもおしゃれで、行くだけでも気分が盛り上がるお店でした。
とくに、天気のいい日や夜景が楽しめる時間帯はとっても特別な雰囲気!
ぜひこの空気感を楽しんでみてほしいです♪
(2019.12.26)
木村桂子